歯科選びは目的別に行いましょう

町に何件もある歯医者さんですが、そのすべてが虫歯の治療を専門で行なっているとは限りません。眼科の中にも目の病気専門で扱う医師と、レーシックなど新しい技術を扱っている医師がいるように、歯医者の中にも虫歯などの治療を得意としているところと、矯正を専門に行なっているところとがあります。
歯医者の中で矯正を専門としているところは、ホームページや看板などで大々的にそのことをうたっている場合が多くあります。最近は診療外治療になることを知っていても子供のうちから歯の矯正をする人が増えてきました。しかし、虫歯の治療と矯正を同時に行いたいと思う人は注意が必要です。なぜなら矯正を専門にしているとうたっている歯医者のほとんどが通常の虫歯の治療などを不得意としているからです。
また、同じ歯の矯正を受ける場合であっても、歯医者によって方針や診療時期が大きくことなります。しかし虫歯などの治療に比べて歯の矯正はかなり長期にわたって行われることが多いの、歯医者を選ぶときには最初の段階できちんと信頼ができるところかを見極めてから選ぶようにしましょう。虫歯以上に矯正の場合は途中から医院を変えることは非常に難しくなります。
また、歯を矯正する場合、治療費はかなり高額となります。中途半端に矯正治療を受けたあと放置したのでは、高額の医療費がムダになってしまいます。最後まできちんとまかせることができる腕と人柄の歯医者であるかどうかを確かめてから通院しましょう。